らじこん

 ここでは、走りこみと下手さ加減の結果、破損していったパーツや、消耗品のなれの果て(笑)を載せていきます。
 メニュー左の”□”をクリックすると、同ページ内の写真にぶっとびます。
 その他の写真が見たい場合は、以下のリンクからジャンプしてください。

すずしろのRC・その1
すずしろのRC・その2
すずしろのRC・その3
すずしろのRC・その4
すずしろのRC・その5
シャーシ・その他
破損パーツなど
番外編・その1
疾り描き氏のRC・その1
芝口氏のRC・その1

パーツなど・その1 メニュー

バーストしたタイヤ
亀裂の入ったホイール
ダンパーオイルの変遷
歪んだホイール

破損パーツなど

【 バーストしたタイヤ 】 裂け目が痛々しい

 駐車場での走り込みがあまりにも壮絶を極めたため、ついにバーストしてしまったスポンジタイヤ。ぐるっと1周裂けていて、インナースポンジが完全に露出してしまっている。
 特に内側(バーストしている方)の偏磨耗ぶりがすさまじい。外側の減り方も、それはそれでスバラシイものがあるが(笑
 面白かったので、記念に1枚撮っておく事にした。

写真メニューに戻る




【 亀裂の入ったホイール 】 割れてしまいました…

 見ての通り、亀裂の入ったホイールです。
 RCっていうのは、割とスピードが出るものなんです。私が使っているモデルでは、だいたい40〜50km/hくらい出たりします。
 で、そんな速さでサーキットの外周の壁にぶつかったりすれば…そりゃ亀裂くらい入りますよ(笑

写真メニューに戻る




【 ダンパーオイルの変遷 】 ダンパーオイルの変遷

 実車で言うところの、サスペンション内部のシリンダーオイルです。こんなボトルに入って売られています。
 ダンパーオイルの硬さには9段階(タミヤ製品の場合)あって、硬さによって色が違います。このダンパーオイルは、その中でも上から2番目に硬いものです。
 左に見える透明なダンパーオイルが、使用前のもの。透明でキレイ。
 右のボトルに入っているのが、何度か走行した後、ダンパーから取り出したもの。外のヨゴレを取り込んでしまったのか、他の原因があるのか解りませんが、かなり濁ってます。一見真っ黒に見えますが、実際はガンメタルっぽい色です。
 ここまで濁る前に交換するのがいいんですが、外からじゃ見えないんですよね〜笑

写真メニューに戻る




【 歪んだホイール 】 歪んだホイール

 このホイール、まだ3回しか使ってないのにこの有様です。
 見れば解ると思いますが、左が使用前の正常なホイール。で、右側がぶつけたり転げたりで変形したホイール。比較してみると、リムに亀裂が入ってるばかりか、中の支柱が歪んでるのが良く判ると思います。
 で、これのどこがマズイのかというと、中心軸の角度がずれているんですよ。前輪がこんな状態で走行してると、まずステアが効きません。このタイヤの反対側には、どうやっても曲がってくれないんですよ。おまけに、歪んだせいでタイヤの磨耗のひどいことったら…ちょほほ。
 っつーわけで、なるべくぶつからないのが長持ちの秘訣なんですが…今の路面状況と、それに対応できる腕が無い現状では、それも難しく…

写真メニューに戻る



topへ戻る RC-menuへ戻る